MENU

「お得感<脱毛効果」タイプさんにお勧め!医療脱毛のメリットとデメリットは?

「全身脱毛をしよう!」と決意したならば、まず選択を迫られるのが、クリニックで行われる“医療脱毛”にするか、サロンでの“エステ脱毛”にするか!?という問題です。

 

「どっちを選んでも同じでしょ!」と、侮るなかれ!

 

2つの脱毛には大きな違いがあり、その個性から互いにはないメリットとデメリットが存在しています。違いをしっかり理解して、自分にベストマッチな脱毛方法を選んでください。ここでは、“医療脱毛”についてお話しします。

 

クリニックで行われている【医療脱毛】とは…

クリニックで行われる医療脱毛とは、その名の通り医療機関で受けることのできる脱毛を指し、別名『レーザー脱毛』とも呼ばれています。医師による施術を受けることができる、という安心感が第一のメリットとして挙げられますね。

 

お肌に特殊なレーザーを照射し、ムダ毛に含まれるメラニン色素にアプローチ!毛母細胞にダメージを与えることで、“ムダ毛を作る”仕組み自体を破壊することができます。実は、エステサロンで受けることのできる『光脱毛』も、基本的な脱毛原理は同じ。二つの違いは“使用する脱毛機器の出力の大きさ”です。

 

「毛根を破壊する」行為は、医師法により医療機関でしか認められていません。医療脱毛は、サロンでは受けることのできない高出力な施術を受けることができるのです。そのため、医療脱毛とサロン脱毛の2つを比較した場合、医療脱毛の方が脱毛効果も上

 

“永久脱毛”と呼ばれる脱毛も、法律上クリニックでしか行う事ができません。より高く、確かな脱毛効果をお求めであれば、医療脱毛を選択することをお勧めします。

 

とはいえ、医療脱毛にもいくつかデメリットが存在します。後悔のない選択をするためにも、以下に紹介するリスクをきちんと理解しておきましょう。

 

医療脱毛のデメリットとしてまず挙げられるのは、出力の大きさからくる“痛み”です。もちろん、サロンで行われているエステ脱毛であっても、痛い事に変わりはありませんが、医療脱毛はサロンの痛みを大きく上回るほどの負担がお肌に掛かってしまいます。

 

また、多くのサロン同士で価格競争を行うエステ脱毛とは異なり、医療脱毛は高額であるケースが多く、お値段の高さもネックになってしまいがちです。全身脱毛が注目されるようになり、以前より価格を手ごろに設定するクリニックも増えてきてはいますが、それでもサロンの安さには敵いません。お得感重視の方にはデメリットの方が目立つのではないでしょうか。

 

医療脱毛のメリット
  • 『医師の施術が受けられる安心感』
  • 『サロン脱毛よりも高い脱毛効果』
  •  

    医療脱毛のデメリット
    • 『サロンよりも価格が高い』
    • 『サロン脱毛よりも痛みが大きく、お肌への負担がかかる』