MENU

脱毛効果は医療脱毛よりも劣るのに…サロンが選ばれる理由とは!?

全身脱毛には、サロンで行われる“エステ脱毛”と、クリニックで受ける“医療脱毛”とがあります。一見すればどちらも同じ『脱毛』であることに変わりありませんが、そのメリット・デメリットには大きな違いが!双方の利点やリスクを正しく理解して、納得できる選択をしたいものですね。

 

ここでは、2つある脱毛のうち、“サロン”という選択肢についてお話しします。

 

サロンで行われている【エステ脱毛】とは…

サロンで行われているエステ脱毛とは、いわゆる『光脱毛』と呼ばれるもの。ムダ毛に含まれるメラニン色素に反応する光を照射し、発毛組織にダメージを与えることで脱毛します。

 

この脱毛原理は、クリニックで受けることのできる『レーザー脱毛』と基本的に同じ仕組み。「じゃあ、いったい何が違うの?」と聞かれれば、それはズバリ“出力の大きさ”です。

 

意外に思われるかもしれませんが、光やレーザーの力で毛根を破壊する行為は医師にしか行えません。これは医師法によって定められており、もしも医師のいないエステサロンで
このような施術が行われた場合、違法行為となってしまいます。

 

そのため、サロンで受けることができる脱毛はあくまでも“毛根を壊さずに行うムダ毛処理”。このことから分かるように、脱毛効果の側面から見ればサロンは医療脱毛より劣ります。ではなぜ、効果が薄いことは明らかなのに、サロンを選択する女性が大勢存在しているのでしょう?そこには、医療脱毛にはないサロンのメリットが隠れています。

 

まず第一に、お手頃な料金設定が大きな利点として挙げられます。全身脱毛が注目されるようになった今、多くのエステサロンは価格競争でしのぎを削っている状態!少しでも多くの顧客を掴もうと、お得なコースやキャンペーンで激安脱毛を行うサロンも少なくはありません。高額なクリニック脱毛に手が出せない方にとって、サロン脱毛の価格は大きな魅力となっている様子です。

 

また、出力の小さい光脱毛は、医療脱毛よりも痛みが小さいというメリットも。加えて、体感する痛みはもちろん、お肌が受ける負担そのものも抑えることができるので、素肌への優しさで考えればサロンに軍配が上がります

 

サロンのメリット
  • 『リーズナブルな料金』
  • 『医療脱毛よりも痛みが小さい』
  • 『医療脱毛よりもお肌に負担がかからない』
  •  

    サロンのデメリット
    • 『脱毛効果は医療脱毛ほど大きくはない』
    • 『脱毛完了までにかかる期間も、医療脱毛より長くなりがち』